レーシック手術後はたばことお酒は控えましょう

レーシック手術後はたばことお酒は控えましょう

レーシックとたばこ、お酒には関係があると言われています。レーシックを受けた後は、お酒とたばこは、少しの間我慢しなければなりませんので、たばこやお酒を毎日飲んでいるという方は、あらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

なぜ、たばことお酒がレーシックに悪影響を与えるのかというと、免疫力の低下、視力の低下に繋がると言われているためです。場合によっては、その他の目に関するトラブルが現れる可能性もありますので、絶対に守るようにしてください。

どのくらいの期間我慢しなければならないのかというと、クリニックによっても異なりますが、手術を行ってから、1週間程度だと言われています。また、たばこを吸うことによって、角膜に煙が付着してしまう事もあるのです。つまり、自分が吸うだけでなく、身近な人のたばこの煙が目に入るのも良くありませんので、そういった機会があるのであれば、保護用のメガネやコンタクトを装着してみてください。

少しの間我慢するだけで良いですし、お酒やたばこを控えることは健康にも繋がりますので、それを機に禁煙に繋がる可能性もありますよね。目のためにも、健康のためにも、少しの間だけ我慢してみてはいかがでしょうか。