フラップがずれてしまう事はある?

フラップがずれてしまう事はある?

通常、手術と言うと、切除した後は縫合をするというのが基本ですよね。しかし、レーシックの場合は、角膜を切除してフラップを作成しますが、レーザーを照射した後に、フラップを元の状態に戻し、縫合は行いません。縫合を行わなくても、自然とフラップはくっつきますので、特に縫合をする必要は無いのです。

フラップは、ずれてしまわないのか不安に思う方もいるでしょうが、基本的には、普通に生活していてずれることはありません。ですから、安心しても良いですが、レーシックを受けた後は、目を擦ってはいけない、衝撃を与えてはいけないという指示を受けることでしょう。目を擦ってしまうと、耐久性のあるフラップであっても、ずれてしまう、しわが寄ってしまうといった可能性があります。そうなると、再手術を行う必要が出てくる場合もありますので、こういった事は、手術を行ってから1週間ほどは我慢しなければなりません。

もし、無意識のうちに目を擦ってしまいそうになった時には、保護メガネなどを装着した方が良いでしょう。これは、クリニックから貸してもらうことが出来ますので、出来るだけこういったものを使って、目を守ることが大切です。1週間も経てば、フラップも安定しますので、それまでは我慢してみましょう。