レーシック手術後の運動について

レーシック手術後の運動について

普段、運動をされている方もいらっしゃると思いますが、レーシックを受ける場合は、しばらくの間、運動を控えなければなりません。手術前であれば問題ありませんが、手術後は、レーシック手術によって作成したフラップが不安定な状態になっており、万が一スポーツを行って目に衝撃を受けると、フラップがずれてしまう可能性もあります。また、目を酷使すること自体も良くありませんので、集中し続けるスポーツも避けなければならないのです。

どのくらいの期間我慢すれば良いのかというと、大体1ヶ月ほどだと言われています。ですから、仕事でスポーツを行っている方は、事前に休みが取れるか確認をしておく必要があります。しかし、レーシックを受けて視力が安定すれば、裸眼でスポーツが出来るようになるため、様々なメリットがあります。

実際に、レーシックを受けているスポーツ選手も多く、コンタクトなどのように、スポーツをしている時にずれてしまう事もありませんし、目のゴミが入った時にも対処しやすいでしょう。目も乾燥しにくいですから、スポーツを行っている方も、少しの間は我慢が必要ですが、今よりもスポーツがしやすい環境になるために、レーシックを受けてみても良いでしょう。