レーシックの手術中に目を動かした場合はどうなる?

レーシックの手術中に目を動かした場合はどうなる?

レーシックの手術中というのは、目が開いた状態で固定されますし、麻酔が効いていると言っても、全身麻酔ではないため、意識はあるのです。そうすると、ついつい目を動かしてしまう事もあるかと思いますが、そういった時に失敗してしまわないか不安になることもあると思います。

結果から言うと、たとえ目が動いたとしても、失敗することなく手術は出来ます。なぜかというと、レーシックには、アイトラッキングシステムというものがあり、眼球の動きを認識することが出来るようになっているのです。ですから、眼球が動いたとしても、自動補正が出来ますので、的確にレーザーを照射することが出来ます。

以前のレーシックでは、アイトラッキングシステムも搭載されていませんでしたので、失敗をしてしまう、手術がうまくいかないという部分もありました。しかし、このシステムが導入されたことにより、乱視などにも対応できるようになりましたし、レーシックの安全性自体も向上したのです。

また、場合によっては、レーザーを照射出来る範囲以上に眼球が動いてしまう事もあると思いますが、そういった時には、レーザーの照射が自然と止まるようになっているため、そういった時でも安心です。たとえば、レーシックの手術中に地震が起こる可能性も全くないわけではありませんが、そういった時でも安心です。ですから、安心してレーシックを受けてみると良いでしょう。