医師の腕によって起こるレーシックの合併症

医師の腕によって起こるレーシックの合併症

レーシックの合併症は、医師の腕も大切です。医師の腕が悪い事によって、合併症が起こる可能性もあるのです。合併症は、避けることが出来ない場合もありますが、そういった合併症の場合は、永遠に合併症が続くのではなく、ある程度の期間続くと、自然と症状が改善されます。しかし、医師の腕によって引き起こされた合併症の場合は、場合によっては再手術したり、別の手術や治療法をしたりしなくてはならないこともあるのです。

どういった合併症があるのかというと、必要以上に角膜を切除した事によって、視力が低下する可能性があります。角膜を切除しすぎてしまうと、眼圧にも影響してしまいますので、最悪の場合は角膜の形が変わってしまい、視力が低下してしまうことがあります。薬などで治療出来ない場合は、角膜を移植しなければならない可能性もあります。

また、フラップの作成方法が悪い、レーザーを照射する範囲がずれていたなどの原因によって、視界がぼやけてしまう、乱視が現れるといった事もあります。こういった症状が現れると、再手術をしなければならない可能性がありますが、再手術をする場合は、腕の良い医師に任せた方が良いですから、クリニックを変更した方が良いかもしれません。こういったトラブルは防ぐことが出来ますし、稀な事ですから、評判の良いクリニックであればそういった心配も無いでしょう。