レーシックの合併症であるリグレッションについて

レーシックの合併症であるリグレッションについて

レーシックの合併症として、近視の戻りが起こることもあります。レーシックでは、近視を治療することも出来ますが、レーシックを受けた後に一時的に視力が回復したとしても、時間が経つと次第に視力が落ちてしまうことがあるようです。これを、リグレッションと言いますが、近視の戻りが起こる確率は、そう高くはありません。

また、近視が戻ると言っても、元の状態ほど急激に低下してしまうわけではありませんので、日常生活を送るにあたって、少し周囲がぼやけて見えてしまう事がある程度で済むとは思いますが、近視が戻ってしまった場合は、無料で再治療してくれるクリニックも多いですから、そういったところを利用すれば安心でしょう。

近視の戻りが現れる理由として、医師の腕も関係があると言われています。きちんとカウンセリングを行い、実績豊富な医師に任せると、そういったトラブルも防げるのではないでしょうか。医師の対応力を確かめた上で、レーシックを受けるようにしましょう。