妊娠とレーシックについて

妊娠とレーシックについて

レーシックを受けたいと思っている方の中には、妊娠中の方も居るのではないでしょうか。出産をする時には、コンタクトを付けることが出来ませんし、入院中もコンタクトを装着していると面倒になるでしょう。だからこそ、レーシックを受けて裸眼で生活出来れば最も良いと思いますが、残念ながら妊娠中はレーシックを受けることが出来ません。

レーシックは、目に対する手術ですから、手術自体は胎児に影響を与えるわけではありません。しかし、手術を行う前には、点眼薬による麻酔が必要になりますし、手術後も感染症予防のために点眼薬が処方されることになります。そういった薬が胎児に影響を与える可能性がゼロではない事から、妊娠中、授乳中にはレーシックが断れてしまう事が多いようです。

また、妊娠中というのは、ホルモンバランスが崩れるため、屈折率も変化すると言われています。そうすると、せっかくレーシックを受けたとしても再び視力が低下する可能性もありますので、避けた方が良いでしょう。出産をして授乳が終われば、レーシックを受けることが出来ますので、落ち着いてからクリニックに足を運んでみてください。