ウェーブフロントレーシックについて

ウェーブフロントレーシックについて

レーシックの一つに、ウェーブフロントレーシックという種類があります。これは、ウェーブフロントアナライザーという機械を使用してレーシック手術を行うという方法になります。ウェーブフロントレーシックは、最先端技術と言えますので、それだけレーシックの効果も高いと言えるでしょう。具体的に、どのような効果があるのかご紹介したいと思います。

レーシック手術を行った後は、合併症などが起こる事もありますが、ハロ現象やグレア現象などが起こりにくいと言われており、光が滲んで見えてしまうという可能性も低くなっています。反対にデメリットもありますが、レーシックの中では、角膜を深く切除するタイプになりますので、角膜が薄い方は対応できないことがあります。また、最先端のマシンになりますので、値段も高くなりやすいという特徴があります。

こういった特徴がありますが、より高い効果を期待するのであれば、ウェーブフロントレーシックのような方法が良いのではないでしょうか。