老眼治療CKの副作用について

老眼治療CKの副作用について

老眼治療CKを受けた場合、副作用が現れる可能性はあるのか気になる方も居るでしょう。老眼治療は、副作用が現れる可能性もあります。たとえば、ハロー現象などが挙げられますが、これはレーシックと同様です。夜になると、ライトが眩しいと感じたりする現象ですが、これは一時的なものですから、そこまで心配する必要は無いでしょう。但し、こういった症状が現れることがありますので、老眼治療を行った後は、夜間に注意した方が良いでしょう。

また、合併症が起こる可能性もあります。合併症が起こった時には、クリニックで対応してもらうことが出来るでしょうが、合併症や感染症についても聞いておくと良いと思います。感染症にかからないためにも、感染症対策がきちんとされているクリニックを選ぶようにしましょう。

その他には、ドライアイといった症状も現れやすいと言われています。ドライアイについても、永久に続くわけではなく、あくまで半年ほどの症状ですから、そこまで心配する必要は無いでしょう。ドライアイの症状が現れた場合は、クリニックで点眼薬などを処方してもらえると思います。副作用と言うと不安になるかもしれませんが、そこまで大きいものはありませんので、安心して老眼治療に臨んでみてはいかがでしょうか。