老眼治療CKの流れ

老眼治療CKの流れ

老眼治療CKの流れについてご紹介しましょう。まず最初に、適応検査を受ける必要があります。その結果、老眼治療が受けられると判断されれば、手術を進める流れになります。また、適応検査と同時に、カウンセリングも行いますので、疑問点などがある場合は、あらかじめこの時に確認しておきましょう。

いよいよ老眼治療CKの手術となりますが、最初に点眼薬にて麻酔を行います。麻酔をすることによって、痛みを感じる事もありませんので、安心してください。ラジオ波をあてる範囲を定めるために、あらかじめ角膜の周辺にマーキングを行い、ラジオ波をあてていきます。角膜のコラーゲン組織が収縮することにより、老眼を治療することが出来ます。

最後に、点眼薬を使用して消毒をすれば手術は完了です。手術は片目だけになりますので、5分程度で完了するでしょう。後は診察を受けて問題が無ければ、そのまま帰宅することが出来ます。

こういった簡単な流れですが、たったこれだけで、手術を行った当日、若しくは翌日からは視力が回復したと感じるでしょう。