老眼治療CKの適応基準はある?

老眼治療CKの適応基準はある?

老眼治療は、誰でも受けられるというものではありません。たとえば、年齢制限があります。45歳から60歳ぐらいの方でなければ受けることが出来ないというクリニックが多いですから、その範囲外の老眼で悩んでいる方は、老眼治療CKが受けられない可能性があります。しかし、多くの方は、この年齢幅に当てはまるかと思いますので、そこまで適応基準の範囲が狭いわけではありません。

眼の状態が健康な方でなければ、手術を受けることが出来ません。たとえば、白内障などの目の病気を抱えている場合、手術が受けられないと断られる事があるでしょう。角膜の厚みが薄い場合には、手術が出来ないと診断されることがあります。これについては、詳しい検査をしなければ分かりませんが、そういった理由で断られてしまった場合は、他の老眼治療方法を検討しなくてはなりません。

こういった条件に当てはまる方であれば、老眼治療を受けることが出来ますが、適応基準内であるかどうかについては、一度クリニックで詳しい検査をしてもらった方が確実です。