老眼治療CKについて

老眼治療CKについて

老眼治療CKというのは、老眼を治療する方法の一つになります。これは、伝導性角膜形成術とも言われますが、日本でも人気が高まってきているものなのです。アメリカでは主流となっており、安全性も高いと言われている方法になります。

老眼治療CKは、メスは一切使用しません。使用するのは、高周波エネルギーというものであり、ラジオ波とも言われますが、角膜の外側に対してこの高周波エネルギーをあてることにより、角膜の外側の形を変形させ、老眼を治療することが出来るのです。高周波エネルギーによって、角膜にあるコラーゲンを収縮させることが出来ますので、簡単に形を変えることが出来るのです。

老眼治療CKは、レーシックと同様に、手術をした当日に視力が回復することが多いですから、短期間で治療の効果が現れます。もちろん、それからは老眼鏡などを使用せずに日常生活が送れるようになりますので、随分と楽に感じるのではないでしょうか。近くのものを見る時には、その度に老眼鏡を使用しなければならなかった方も多いでしょうが、裸眼で近くのものをはっきりと見ることが出来るのです。

こういったメリットがありますので、老眼で悩んでいる方は、老眼治療CKを検討してみてはいかがでしょうか。