スーパーPRKの訴訟事件

スーパーPRKの訴訟事件

視力回復手術の新たな手法「スーパーPRK」は、実は訴訟事件にまで発展した事例があります。レーシック業界では有名です。
先に紹介した東京のクリニックで行われたスーパーPRK手術で、術後に角膜混濁を起こした訴訟事件が以前ありました。インターネット上でもこのスーパーPRKの訴訟問題について取り上げられています。さらに、この訴訟事件に関する判決文の全容が記されたサイトもあります。
この事件は、スーパーPRK手術を受けた患者が角膜混濁を起こしたことについて、病院側が患者にスーパーPRK手術の適応がないことをよく検査で調査せず、見過ごしてしまったことに問題があるとされています。
さらに、手術に際して合併症などの説明義務を果たさなかったこと、執刀医の技術が不適切であったことなどが取り上げられて争点となりました。
一方、クリニック側は苦情処理に詳しい弁護士を雇い、被害者の対策を行っているという情報も見かけます。やはり裁判沙汰になってすんなり解決していないと、スーパーPRKに対する一抹の不安を誰もが覚えると思います。
視力回復において画期的な施術として注目を集めているスーパーPRKですが、その信頼性や安全性についてはくれぐれも留意する必要がまだまだありそうです。自分の目のことですから、手術を受けるか否かの自己判断はしっかりしましょう。