視力低下が片目だけに起こることも

視力低下が片目だけに起こることも

テレビやゲーム、パソコン、携帯電話などの普及によって視力低下が問題になっています。その一方で、視力低下が片目だけに起こるケースもあります。
たとえば、テレビを寝転がって見ているだけでも姿勢が悪くなってしまい、正しい視力が養われずに視力の左右差が生まれてしまうことがあるからです。また、姿勢が悪くなくても、自然の状態で視力に左右差が生じてしまうのもいまや珍しいことではありません。
以上のような左右で視力の差があることを「不同視」といわれています。
もし、視力的に問題のないレベルの不同視であれば特に心配することはないでしょう。ただ、左右で極端に視力の差が出てしまうと問題で注意が必要です。このような場合、利き目になっている方の目ばかりを使ってしまっていることが多いからです。そして、メガネやコンタクトレンズだけで視力を矯正するのが極めて難しい状態になってきます。
そのため最近、視力矯正手術、いわゆるレーシック手術が広まりつつあります。ただし、費用や安全性においてまだまだ疑問視されています。もちろん、視力回復に効果があるという体験談も多数見かけるはず。しかし、手術後に感染症になって事件沙汰になってしまった東京の病院もあるのです。