視力が低下する原因

視力が低下する原因

昨今、視力が低下する原因はさまざまです。特に、最近広く普及してきたパソコン、ゲーム、携帯電話、テレビなどとの関わりが深いというのが一般論です。
現在のおとなにあたる年代がまだ子どもだった1980年代からテレビゲームが普及し始めました。そしてそのゲーム文化の発展と同時に、子どもの視力低下の問題がだんだん広がって行きました。
そして、現在はパソコン文化が全盛です。パソコンの画面を長時間ずっと見つめていると、目の筋肉が必要以上に緊張してしまい、そして近視になってしまいやすいと言われています。一方、近視以外にも、眼精疲労、目の充血、肩こりなどが引き起こりやすくなっています。
さらに、パソコンやテレビを見る際の姿勢も問題があるといわれています。たとえば、寝転んだ体勢でテレビを見ていると、テレビと目との距離感に相違が生じて左右の視力に差ができてしまう原因になってしまいます。
現代人の生活の中で、パソコンや携帯電話、テレビなどは切っても切れない関係です。パソコンのない仕事などいまや考えられないでしょう。その一方で、視力が低下してしまうリスクともとなり合わせになっているともいえます。視力回復を願うのは、幅広い年代に及んでいます。