コンタクトレンズも処方箋が必要

コンタクトレンズも処方箋が必要

視力の回復や乱視の矯正などで使うコンタクトレンズでも「処方箋」は必要になります。薬事法上、必要とは明記されてはいないものの、コンタクトレンズは目に直接装着するものです。できる限り医師の診察を受けて目の状態を診てもらった上で、自分にあったコンタクトレンズの処方を受けたほうがいいです。
昨今、通販でもコンタクトレンズが入手可能です。ただし、どのサイトを見ても、処方箋に書かれている目の度数、カーブ度合いなどを入力しないと購入できないと載っているはずです。
コンタクトの処方箋には、まず、目の疾患がないかどうか、視力はどの程度か、角膜のカーブ度合いなどが書かれています。この処方箋をもとにして、レンズを指定する度数が記載されています。メガネやコンタクトレンズを作る際、処方箋のデータが基本になります。まれに処方箋が必要ないメガネやコンタクトレンズなどを取り扱う店もありますが、できれば処方箋が必要とあったほうが店に対する安心感もあります。
もし、処方箋が出たら、眼科だとその場でコンタクトを実際に装着する、試着させてもらえるでしょう。装着した状態で視力、角膜の状態などを診察します。
さらに、乱視用や遠近両用など特殊なコンタクトレンズを希望する際、特に眼科での処方を受けること、さらに定期検査を受けるほうがいいです。