レーシック手術と保険会社

レーシック手術と保険会社

レーシック手術は自由診療のジャンルになるので基本は全額自己負担です。ただ、生命保険などで手術給付金が受けられる場合があります。
手術給付金が本当に支給されるのか、自分で事前に問い合わせをしておく必要があるのでくれぐれも注意しましょう。もしレーシック手術を受けたいと考え始めた時、まずレーシック手術が保険給付の対象となっているかどうか、そして支給の条件についてしっかりと確認しておきます。
一般的に、手術給付金が支給される平均額は数万円から10万円程度といわれています。ただし、自分が加入する保険会社、さらに加入プランによってその金額は変動します。これもちゃんとチェックしましょう。
また、手術の正式名称について保険会社に詳しく伝える必要もあります。レーシック手術ではなくて「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えることが大事。そして、レーシック手術が給付金対象であった場合、給付のための申請として担当医の診断書を用意する必要もあります。これらはすべて実際にレーシック手術を受ける前にしっかりと知っておくべきことです。
さらに、もし実際にレーシック手術を受けてからその領収証は捨てずに必ず置いておきます。というのも、年度末の確定申告で医療費控除を受けることができる可能性もあるからです。