レーシック手術で給付を受ける

レーシック手術で給付を受ける

視力の回復を目指す人なら一度は「レーシック手術」について聞いたことがあるはず。でも通常、眼科での診察でもコンタクトレンズの購入などは健康保険や社会保険などの対象外であり、すべて自費負担です。さらに費用のかかるレーシック手術も自己負担だとやはり躊躇してしまいます。
確かに、レーシック手術は少なくとも10数万円はかかります。さらに診察代や検査代等も含めると20万円を超えてしまうことも。決して安くはありません。
ただ、生命保険や医療保険の手術給付金が支給される場合もあります。このケースは限定的で、自分が加入する保険会社が近視を疾病とみなしているかどうかも保険給付の対象となるので注意が必要です。もし、疾病とみなしている場合は手術給付金の対象となります。しかし、疾病とみなしていない場合は対象外となってしまいます。
通常、レーシック手術に対して支給される給付金は数万円程度が平均です。わずかであってもすべて自己負担のレーシック手術だと少しは助かるはずです。
もし、自分がレーシック手術をしようかどうかを考え始めたならば、ぜひ自分が加入する保険会社に手術給付金の対象になっているかどうか、また支給される金額について問い合わせておいて損はないでしょう。