レーシック手術の保険適用について

レーシック手術の保険適用について

費用のかかるレーシック手術で保険が適用されるかは気になるところではないかと思います。
基本、レーシック手術は“自由診療”のジャンルに分類されています。そのため、国民健康保険や社会保険などの適用外です。つまり、レーシックにかかわる診療、また手術を受ける費用は全額自己負担になります。
レーシックの手術費用は平均およそ20万円ほどだといわれています。ただ、一般的にこの値段は決して安くはないでしょう。
一方、もし加入している生命保険や医療保険の手術給付金が支給される場合もあります。自分が加入している保険会社にレーシックが給付対象となるかどうかあらかじめたずねておいて損はないでしょう。もし、支給されれば少しは自分の負担が軽くなるはずです。
ただ、給付の対象にならない人もいます。たとえば、保険加入前にレーシック手術を受けたことのある人、また以前からその可能性があった人、さらに“告知義務違反”を行った人です。あとから保険会社に罰金を請求されることになったらとんでもありません。
ともかく、ほとんどの人はレーシックではすべて自己負担といえます。ただ、病院によっては分割払いがあったり、インターネットでの申し込み割引があったり、さらに別の患者を紹介したらキャッシュバックがあったりすることもあります。