レーシックが失敗する確率

レーシックが失敗する確率

実際のところ、レーシックが失敗する可能性はないとは言えないのが現状です。たとえば、最新の「イントラレーシック」の場合、コンピューターで制御します。一方、通常のレーシックはというと、執刀医によってレーザーが照射されるので、わずかな不手際が手術の失敗につながってしまうことも実際には起こっているようです。
レーシックの失敗談でよく聞かれるのが、手術の後に視力が上がらなかったというもの。また、フラップそのものにしわがよったり位置がずれていたりといったこともあるようです。ただし、フラップに関する問題について、手術の検査や処置によって改善することができるためあまり心配しなくても大丈夫でしょう。
ほかにもあります。手術後の一定期間、ドライアイで悩むこともあるようです。ただこれも医師から処方される点眼薬を使うことによって十分に改善可能です。
さらに、合併症が起こることもしばしば報告されています。特に、ハロー現象やグレア現象です。これに関しては、人間の手で執刀する手術である限り、どうしても起こり得るリスクと言わざるをえません。もし、できる限りレーシックで失敗を避けたいのであれば、手術経験の多い名医にかかるか、最新鋭のレーシック機器を備えた病院を探すことをおすすめします。