イントラレーシックの失敗

イントラレーシックの失敗

視力を回復するために、レーシック手術を受ける人が増えています。ほぼ安全性が確立されてきたのと、視力回復に即効性があるからです。さらに、イントラレーシックも徐々に広まりつつあります。
今のところ、このイントラレーシックの失敗談は、特に報告されていないように思えます。ただ、なにごとに置いてもメリットとデメリットの両面があります。イントラレーシックにもなにかデメリットがあると思っておいてもいいでしょう。
イントラレーシックは、通常のレーシックとは異なります。どこが違うのかというと、レーザー照射を行う手術台とフラップを作る場所が別です。そのため、すばやい処置が要求される手術において、その移動時間が若干のロスとなってしまいます。
一方、フラップを作った後に角膜が落ち着くのにやや時間がかかる点もデメリットといえそうです。いずれにしても、まだまだ始まったばかりの視力回復のための新しい施術方法です。そのため、イントラレーシックの欠点や手術の安全保証など、まだまだ今後、改善する余地が出てくるといっても過言ではないはずです。
もちろん、誰もが安心して手術を受けたいもの。自分が納得できるよう、病院に足を運んでとことん納得するまで担当医に相談することを強くおすすめします。