「イントラレーシック」の基礎知識

「イントラレーシック」の基礎知識

視力回復手術の1つに「イントラレーシック」があります。このイントラレーシックは、簡単に言うと、レーシックの最新版のことです。アメリカの医療機器メーカーであるイントラレース社が製作した「イントラレースFSレーザー」を用いて行い、角膜のフラップを削って作ります。
このイントラレース製の機器はすばらしい機能を持っています。というのも、従来、レーシック手術に用いられる機器と圧倒的に違うのは、すべてコンピューターによる制御であり、より正確にさらに精密なフラップを作ることができることです。そして、フラップを作るのに通常はマイクロケラトームという機器を用いているものの、イントラレース社の機器は先端部に金属刃を使用している点も、従来の機器とまったく大きく違っている点です。
さらに、イントラレーシックを行える病院は、アメリカのイントラレース社の認定を受けなければなりません。現在のところ、イントラレース社の認定を受けてイントラレーシックを行っている病院はとても限られています。都心部にしかないと思った方がいいでしょう。
イントラレーシックを行う場合も、あくまで手術であり、費用はかかりますし、リスクもあります。その辺りも念頭にしっかり置いておきましょう。