乱視の矯正とメガネの関係

乱視の矯正とメガネの関係

先に、コンタクトレンズを使うことで乱視を矯正する方法を紹介しました。ただ一方、乱視の矯正にメガネを利用する人もまだたくさんいます。なぜならば、コンタクトレンズは目に直接装着するものなので、この行為に抵抗感や違和感を覚えてメガネの方を選ぶ人がいまだ多いというのが実情です。
一方、乱視は遠くのものがダブって見える状態のことです。通常、乱視は近視と混ざっていることが多いといわれています。そのため、もしメガネを作る際、乱視と近視の両方に対応できるレンズを注文する必要があります。近視だけの人よりもメガネを作るのに手間も費用もかかる可能性があります。
ただ最近、とてもおしゃれで安価なメガネのフレームもどんどん増えてきました。そして、たとえ近視と乱視が混ざっていたとしても、以前のように“ビン底メガネ”になるのを悩む必要もなくなってきたはず。たとえば、安価なメガネだと1万円を切る価格から見かけますし、一般的な価格帯だとおそらく2万円ほどあればちゃんとしたメガネを作れるはず。
乱視が視力回復の悩みの種、という人も決して少なくありませんが、もし、コンタクトレンズでの矯正に抵抗感があるならば、乱視矯正のメガネを作ることもぜひ検討してみてください。