乱視とコンタクトレンズの関係

乱視とコンタクトレンズの関係

視力の回復には、近視や遠視だけではなく、乱視を治さないと行けない場合があります。
この乱視を矯正するためには「コンタクトレンズ」を利用している人も多いはず。もともとコンタクトレンズには、ハード、ソフト、使い捨てソフトレンズの3種類あって、それぞれが乱視に対する特徴を持っています。
まず、ハードコンタクトレンズは乱視の矯正に最も向いているコンタクトレンズです。なぜかというと、人間の眼球にはそれぞれ凹凸があって、ハードコンタクトレンズの場合、レンズの形が眼球の凹凸に左右されないのでとても優れた乱視を矯正する効果があるとされているからです。
一方、ソフトコンタクトレンズはというと、乱視の矯正という点から見るとハードコンタクトレンズにはやや劣ってしまいます。眼球の凹凸にまでピッタリとフィットしてしまうからです。
さらに、乱視矯正用の使い捨てコンタクトレンズを取り扱っているメーカーもあります。具体的な例をあげると、フォーカス、アキュビュー、メダリストなどです。
もし、乱視の矯正に悩んでいるのならば、コンタクトレンズを使って矯正を試みてはいかがでしょうか。そしてできれば眼科医の処方を受けてからコンタクトレンズを購入するのをすすめます。