視力のレーザー治療での失敗

視力のレーザー治療での失敗

最近、人気の「レーシック手術」と呼ばれている視力のレーザー治療では、失敗することもあります。いかに安全性が高いと言われていても、手術は人の手で行われるのである程度のリスクを伴っていることは仕方がありません。
たとえば、視力のレーザー治療を受けようかどうか考えている中で、手術が痛くはないかどうか、失明などの危険性はないか、費用はどれくらいかかるのかなどが気になるはず。
まず、失明などの危険性についてでは、視力のレーザー治療の安全性は現在ではほぼ確立されているのでほとんど心配する必要はありません。
ただ、主によく言われている視力回復のためのレーザー治療での失敗はというと、期待していたほど視力がアップしなかった、手術後に合併症が出てしまったというものが多いです。たとえば、合併症の代表的なものに、裸眼で光を見た時に光の輪が見えてしまう「ハロー現象」、光が異常にまぶしく見える「グレア現象」などが挙げられます。
誰もに合併症が起きるわけではもちろんありません。できるだけ失敗を避けるためには、最新鋭のレーシック機材を持っているか、視力におけるレーザー治療手術の実績が豊富にあるかどうかという点も重要です。しっかり自分で調べることが大事になります。