視力を回復するためのレーザー治療

視力を回復するためのレーザー治療

視力を回復するための方法はさまざまです。自分でできる簡単なトレーニング方法、アイグラス、コンタクトレンズやメガネを用いた矯正法、さらに視力回復センターに通う人もいるでしょう。
その方法の1つに、視力のレーザー治療があります。この治療は、レーザーを角膜に直接、照射することによって角膜を削って近視など視力障害を治療していく方法です。一般的に「レーシック」と呼ばれています。今、とても人気があるのは、視力矯正の分野で失敗が少なく即効性があるからです。
ただ、誰もが視力のレーザー治療を受けられるわけではありません。角膜の手術になるので、角膜がレーザー治療に耐えうる厚みかどうか、目になんらかの疾病を持っていないかどうかなどレーザー治療を行うために適性検査を事前に受ける必要があります。
その検査でOKが出れば、視力のレーザー治療を受けることができます。もし検査がダメならば、レーザー治療を受けることはできないのでくれぐれも注意が必要です。
現在、全国の眼科ではほとんど視力のレーザー治療法が実施されています。ここ10年ほど前に開発された方法ですが、最近どんどん広がっていて、希望する人もとても増えています。ただ費用がかかること、手術なのでリスクを伴うことは承知の上で行うのを覚えておきアン省。