視力回復レーザー手術のリスク

視力回復レーザー手術のリスク

一般的に、人の手で行われる手術の安全性は100%とは言い切れないのが現実です。もちろん、レーシック手術をはじめとした一連の視力回復レーザー手術においても基本的に安全性には問題がないといわれていても、リスクは多少伴うことをしっかり覚悟した上で考えないと行けません。
たとえば、視力回復手術の後、一時的に「合併症」があるのも事実。主な合併症には、光を見た時に光自体がぼんやりとして光の輪がかかったように見える「ハロー現象」、光に対して異常にまぶしさを感じる「グレア現象」などがよく聞かれます。
視力回復レーザー手術は、角膜の中心部をレーザーで薄く削ることによって視力を矯正する方法です。そのため、手術によってなんらかの合併症が起こってもまったくおかしくないのです。
レーシック手術は、基本的に安全性が高いといわれています。しかしいくら視力回復レーザー手術であってもなんらかのリスクを抱えていることをくれぐれも念頭に置いてのぞむ必要があります。
さらに、視力回復手術には多額に費用がかかります。平均的に20万円ほどかかるといわれています。一般的には決して安く価格とは言えず、しかも健康保険や社会保険などの適用外です。しっかり考えた上で手術の必要性を選んだほうがよさそうです。