視力回復手術の方法

視力回復手術の方法

視力を回復するためのレーザー手術を行う方法もさまざまな種類があるといわれています。特に、レーザー手術で有名なのが一般的に“レーシック”と呼ばれる「レーザー角膜屈折矯正手術」です。
レーシック手術は、レーザーを使って直接目の角膜に働きかけることにより、視力の矯正を図る方法です。視力の回復に即効性があるため、現在、とても人気が高い視力回復手術の1つです。
ほかにも、このレーシック手術の進化版ともいえる「イントラレーシック」、さらに強い近視や角膜の薄い人でも手術を受けられる「エピレーシック」などの視力回復手術が存在します。
視力回復のレーザー手術は、その手術を受けられるかどうかの適応検査に通る必要があります。検査に通らないと、手術を受けることができないのです。たとえば、視力回復レーザー手術を受けることができない人は、緑内障や白内障など目の病気を患っている人が当てはまります。一方で、レーザーで直接目に働きかける手術を行うので角膜が薄い人もこれらの手術を受けることができないといわれています。くれぐれもご注意を。
視力回復手術は最近、その安全性はほぼ確立されつつあります。しかし、人の手で行われていることに変わりないのでリスクはあります。それを承知の上で手術を受けるかを考えましょう。