視力回復に眼科が熱心でない理由

視力回復に眼科が熱心でない理由

もし、視力が落ちたらほぼすべての人が眼科に行くのではないでしょうか。
確かに、眼科医は目の問題を取り扱っています。しかし、眼科において近視の改善はあまり重要視されていないのが現実です。本来、眼科医は眼病の治療が専門です。一方、ただの近視である場合、メガネやコンタクトレンズで矯正するようすすめて終わり、というのが実情です。誰もがこの経験をしているはずです。
そして、眼科で受けた指示に従う人が多いので、そのままメガネやコンタクトレンズを購入します。メガネやコンタクトレンズで矯正すると、物がはっきり見えるようになります。いったん慣れてしまうと不便さは減り、スポーツの際に邪魔になるなどの問題はあっても、ふつうに生活するのに大きく負担にはならないので、結局、そのままで我慢してしまう人が多いのです。
ただ、もしトレーニングで視力回復ができるとわかると、皆、メガネやコンタクトレンズを選ぶでしょうか。どちらもどう考えても肉眼よりは不便です。しかも、メガネもコンタクトも費用がかかります。さらに、いくら矯正しても一生にわたって近視が改善するわけではないので、視力回復にはベストの方法ではないのは言うまでもありません。