視力回復手術の失敗例

視力回復手術の失敗例

視力を回復するために「手術」までする人もいます。ただし、手術は費用がかかる上、安全性にもリスクがあります。もちろん、視力回復の手術でも失敗することもあるということをくれぐれも念頭においておかないといけません。
もしも視力回復の手術が失敗した場合、ではどうなってしまうのか。
たとえば、専門医ではない医者にかかったり、手術が適切に行われなかったりした場合を除いて、視力回復手術の失敗例は基本的にないと言われています。ただし、インターネット上に見られるクチコミなどから、失敗とまではいかずとも視力回復手術にはさまざまなリスクがあることがわかります。
たとえば「ハロー現象」。この現象は、光を見る時に光の輪が見えることです。また「グレア現象」は、異常にまぶしく感じる現象のことをさします。
いずれの現象も、視力を回復するための手術を終えた人にまれに現れる合併症です。もしこれらの現象が重度の場合、合併症が残ってしまうリスクも少なからずあります。
さらに、手術に使うレーシック機器が古いために起こるトラブル、また医師の技術不足によって角膜が傷ついてしまったなどの事件例も。いずれにせよ、視力回復手術にはくれぐれも慎重を期して考える必要がありそうです。