不同視という視力差

不同視という視力差

「不同視」という言葉をご存知でしょうか。
時々、視力が低下するのに左右の目で差が出てくることがあります。その差が出てくる理由はさまざまです。そして、左右で視力差がある人の場合は視力差がない人に比べて見るものに対する距離感、動きに対するスピード感に大いに影響があるといわれ続けています。そしてなぜ不同視になるかというと、たとえば、テレビを見る時に寝転がったり、ゲームを寝転がりながらしたりといったことが挙げられます。
そして、不同視とは、人間は常に両方の目でなんでも物を見ているように思われがちです。しかし実際のところ、視力の低いほうの目はあまり使おうとしていません。要するに、視力が低い方の目がサボっている状態です。
この不同視を直すことも、視力を矯正するためにはとても大事なことです。たとえば、手に利き腕があるのと同様、この不同視は「利き目」の状態。たとえば、利き目ばかり使っているとそうでない目の機能が落ちていきます。
両方の目をほぼ同じ視力に戻すには、視力が低いほうの片目をトレーニングすることがとても大事になってきます。自然な形で視力の回復を目指す視力回復法の中にも、この視力矯正のトレーニングもあります。